プロミスの瞬フリ・カンタン入力と低金利のカードローン

カードローンやキャッシングサービスというのはどんどん便利なサービスが提供されるようになってきていると言えます。消費者金融などはどこも即日融資を行っていますし、最短30分審査をウリにしている会社も存在します。

また初めての人でも安心して利用できるようにと女性が担当してくれるレディースキャッシング専用のダイヤルが設置されている会社もあります。

プロミスの瞬フリとカンタン入力

瞬フリ

消費者金融のプロミスが打ち出した新たなサービスとして瞬フリカンタン入力といった便利なサービスがあるのが紹介します。

瞬フリというのは、土日もしくは通常は銀行振り込み融資が出来ない平日14時以降でも必要な時にお金を振り込んでくれるサービスです。急遽お金が必要になった時に便利で素早いキャッシングが可能です。

ただし瞬フリを利用する為の条件としては三井住友銀行かジャパンネット銀行口座があることとなります。

「瞬フリの対応時間と振り込み時間」

受付時間 振込時間
三井住友銀行 24時間受付 受付完了から10秒程度
ジャパンネット銀行 24時間受付 受付完了から10秒程度

カンタン入力というのはインターネットからの申込フォームへの入力が最低限で済むので入力自体はすぐに終わります。

ただし審査内容は同じなので必要な情報は電話で伝える必要があります。なので勤務中は電話に出ることが出来ない、職場に電話がかかってくるのは困るといった人には不向きかもしれません。

ですがキーボード操作が苦手だとかイチイチ入力するのが面倒という人、電話にすぐに出ることが出来る環境の人はカンタン入力の方がスムーズに事が進みます。

最もフル入力であっても、不備があったり確認する必要あがる場合は電話がかかってきます。なので即日融資を希望する場合はどちらにしろすぐに電話対応できる日に申込を行うことをお勧めします。

カードローンやキャッシングは今後もさらに新しいサービスが提案されどんどん便利になっていくものと思われます。ただ審査の内容については大きく変わることはないと言うことが出来ます。

低金利で利用したいなら銀行のカードローンがおすすめ

銀行カードローンを利用する女性

キャッシングの利用を検討していてインターネットで情報を集めていると、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなど、色々なタイプのサービスがありますので、ユーザーとしても迷ってしまいますよね。

もし利用するサービスを選ぶときに優先したいポイントとして、金利がどれだけ安いかが重要ならば、まずは銀行のカードローンを検討するのがおすすめです。

銀行のカードローンは、比較的審査は厳しめですが、消費者金融などのノンバンクと比べて金利が低くなる場合がほとんどです。

消費者金融の金利は、クレジットカードのキャッシング機能と同じような水準となっていますが、銀行系の商品ならばそれよりも安く利用できます。

契約する金額によって利率は変わりますが、おまとめローンなどではない一般的なカードローンならば、銀行系のサービスの金利が安くなります。

申し込み資格はほとんど変わらない

銀行カードローンを利用する女性

低金利で利用できるのがメリットの銀行のカードローンですが、申し込み資格としては消費者金融のサービスとほどんど変わりがありません。

例えば、パートやアルバイトの人でも定期的な安定した収入があれば利用できることが多く、配偶者に収入があれば専業主婦でも利用できる場合があります。契約した後のカードの使い方や、返済方法なども消費者金融のキャッシングととてもよく似ています。

銀行のカードローンは、総量規制対象外となりますので、本人に収入がない専業主婦の方でも借り入れが可能となります。

専業主婦に対する融資の条件の一つに、「配偶者に毎月安定した収入がある事」があります。

引用 専業主婦の方でも借りられる銀行のカードローン

もちろん消費者金融は、一定期間無利息や、電話確認も郵送物も不要で利用できるなど独自の付加サービスに魅力があります。

例えば、借り入れや返済の申請や書面の交付も全てインターネット上で完結するような便利なものもあります。

ただ、銀行のカードローンでも無利息期間がついたり、即日融資に対応しているサービスは少なくありません。低金利であることを最優先で考えるならば、銀行のカードローンの中から自分に合ったサービスを探してみるのがおすすめです。

銀行のカードローンは総量規制の対象外で金利が安い

カードローンのサービスを提供しているのは主に銀行と大手の消費者金融があります。

インターネットを検索すればカードローンについてみれば、カードローンは銀行のカードローンの方が有利であるような論調が多くみられます。なぜ銀行のカードローンの方が有利であるかという理由を見てみれば主に二つの理由が上げられています。

銀行のカードローンは総量規制の対象外

一つ目は銀行のカードローンは総量規制の対象外であるということです。総量規制は2010年の貸金業法の改正のよって貸金業者にのみ融資の制限を設けるという制度ですが、貸金業者である大手の消費者金融も貸金業法によって総量規制を守らなければならなくなりました。

一方の銀行は貸金業法の適用を受けず、銀行法の適用を受けるためにそもそも総量規制が関係ないということで貸金業者が総量規制で融資することができない顧客も融資することが可能であるので、カードローンでも総量規制の対象外である銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも有利ということです。

総量規制の図

総量規制の図

銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも金利が安い

二つ目には銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも金利が安いとういことです。お金を借りるにあたっては金利が低いということは借りる方にとっては大きなメリットになることは疑いありません。なので、銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも有利ということです。

以上の大きな二つの理由によってカードローンを選ぶのは消費者金融よりも銀行と言う結論になります。しかし、それならなぜ消費者金融のカードローンは存在しているのでしょうか。それは消費者金融のカードローンが存在価値があるということです。

消費者金融のカードローンよりも厳しい審査

一見して有利であると考えられる銀行のカードローンもそれは消費者金融のカードローンよりも厳しい審査を通らなければ使うことはできません。銀行のカードローンの有利さは借りれる人だけの有利さです。

総量規制はどうしようもありませんが、それ以外では消費者金融のカードローンは銀行のカードローンよりも借りやすいという大きなメリットがあるのです。

収入の少ない人は、銀行カードローンがおすすめ

収入の少ない人は生活の中でお金が不足してしまうことが多いです。お金がないと生活していくことができないので、金融機関からキャッシングする事を考えます。お金を借りるために利用する金融機関として最初にあげられるのが消費者金融です。

この業者は人にお金を貸す事業をしているため、充実したキャッシングサービスを受けられるからです。ですが消費者金融は貸金業法という法律で定められている総量規制が適用されるので、基本的に申込者の年収の3分の1までしか融資を受けられません。そのため収入が少ない人が消費者金融で借入の申込をしても審査ではねられてしまう事も少なくありません。

銀行系のカードローンがおすすめ

ufj

そこで収入が少ない人は銀行のカードローンを利用してキャッシングするといいでしょう。銀行は銀行法によって規制されている金融機関なので、総量規制対象外だからです。そのため年収の3分の1以上の融資も可能で、収入が少なくても借入できます。銀行のカードローンは消費者金融に比べると低金利となっており、借入できる額も大きいのが特徴です。

銀行のカードローンを利用するためには借入の申込をして審査に通過する必要があります。申込をするためには年齢制限を満たしていること(通常は契約の時に満20歳以上満65歳以下)、継続かつ安定した収入があること、保証会社の保証が受けられることが必要です。

専業主婦も借り入れ可能

また専業主婦のような収入のない人は配偶者に継続かつ安定した収入があれば申込ができます。申込をした後、銀行から審査を受けることになりますが、収入、勤続年数、雇用形態などの職業関係が重点的に判断されます。しかし継続かつ安定的な収入があればいいので、アルバイトやパートでも条件を満たせば審査に通過することができます。審査に通過できれば、カードローンを利用して借入できるのですが、一定の条件を満たしていれば即日融資を受けられるので消費者金融でキャッシングする場合と変わりません。

即日キャッシングや無利息期間サービスが当たり前になってきました

多くの人があらゆる事情で、どうしても即日お金が必要になることは珍しくありません。

しかし、知人や家族にお金を借りたいと頼めば、その後の人間関係がこじれることの原因になります。そこで、消費者金融や銀行のカードローンの利用を検討してみるべきでしょう。

これまで消費者金融や銀行のカードローンを利用したことのない人は、どうしてもキャッシングは悪のイメージを持っているようです。

pdkmdk

しかし、それはテレビドラマや漫画によって刷り込まれた現象と言っても過言ではなく、キャッシングはまったく悪ではありません。どころか知人や家族にお金を借りて人間関係を崩壊させることの方がよほど悪と言えるでしょう。

当たり前になった即日融資サービスと無利息サービス

さて、消費者金融にせよ銀行のカードローンにせよ、即日キャッシングは当たり前にできるようになりました。給料日までお金の余裕が無かったりどうしても緊急にお金が必要だったりした場合は、利用してみるべきしょう。

基本的に担保や保証人は不要ですし、パートやアルバイトといった雇用形態に捉われることもありません。一定の安定した収入を得ている方であれば、誰でもキャッシングすることができます。

即日キャッシングを提供している消費者金融や銀行では、近頃無利息期間のサービスに力を入れていることもあります。無利息期間のサービスとは、一定期間内は利息の発生しないサービスのことを指します。

pkd

おおよそ30日間に限定されていますが、金融機関によって日数が違いますので、利用する前にきちんと調べておくべきでしょう。

ただし、無利息期間サービスは基本的に初めてその金融機関でキャッシングをする方が対象になっていますので、この条件についても調べる必要があります。

また当たり前のことですが、無利息期間サービス内に全額返済すれば、自分のキャッシングした金額以上の返済は必要ありません。このように消費者金融や銀行のカードローンはとても利用しやすく、メリットも多くありますので、是非検討してみてはいかがでしょう。

キャッシング審査に不安な人は簡易審査を活用する

キャッシングやカードローンを利用したいけれど、審査に通るかどうか不安に思っている人は少なくないでしょう。

キャッシングやカードローンを何回も利用してきた人にとっても審査には多少は不安があるものです。審査にあっさり通ればいいですが、審査に通らなかった時には申し込みの手間が無駄になってしまいますし、続けて他の会社にキャッシングやカードローンを申し込む時には少し時間を空けないと申し込みブラックという審査にまったく通らなくなってしまう状態になる可能性も出てきます。

まずは簡易審査がおすすめ

なるべく申し込んだキャッシングやカードローンの審査は通るようにしたいという人は簡易審査を活用しましょう。

mobit

キャッシングやカードローンで利用したい金融会社のホームページを見てみると、どこかに「簡易審査」「簡易診断」「3秒診断」などの名称で簡易審査ができるページを見つけることができます。

名称や記入事項はそれぞれの金融会社によって少し違っているかもしれませんが、ホームページから完全に匿名で数項目の情報を記入することによって、キャッシングやカードローンの審査に通るかどうかを判断してくれる便利なサービスです。

もちろん、簡易審査というくらいですからこれに通ったからと言って本審査の確実の通るということはありませんが、簡易審査に通ったのに、本審査ではどんどん落ちるということでは簡易審査をする必然性が全くなくなります。そのことから考えてみても簡易審査の診断結果は本審査の結果に近いと考えられます。

逆に簡易審査に通らないくらいであれば本審査の通ることはまずありませんから、その金融会社のキャッシングやカードローンを申し込みは止めるべきでしょう。簡易審査ですと、匿名ですから信用情報機関の申し込み履歴に残ることもありません。

すぐにお金を借りたい時におすすめのキャッシング

すぐにお金を借りたいと思う時に強い味方になってくれるのが消費者金融などのキャッシングです。

もちろんお金を借りるわけですから無条件に、というわけにはいかずもちろん審査等もありますが一番初めにある程度の手続きさえ終えてしまえばそれ以降は割と手軽にお金を借りることができます。

キャッシングの進め方

身分証明書などの必要書類

blog

最近は身分証明書等があれば会社などへの本人確認もなくてすむところが多いのも嬉しいポイントです。まずはネットで消費者金融のホームページを検索し、そこから簡単な申し込みをしましょう。

審査スピード

状況にもよりますがおよそ30分以内ぐらいには確認と手続きの電話がかかってきます。その電話で簡単な口頭確認を終えたら、最寄りの(無人)店舗にむかって最終的な契約を終えてしまいましょう。ここまでの流れは早くいけば1時間ほど、時間がかかっても2時間前後で終わります。

つまり行動を開始してから2時間ほどあればキャッシングを利用することが可能になるのです。一度契約を終えてしまえばもう店舗に行かなくてもコンビニのATMで借り入れをすることもできますし、消費者金融に電話して指定の口座に借り入れたお金を振り込んでもらうこともできます。

また、どのように利用するかというのにもよるのですがたとえばアコムなどはCMでも謳っているように「初めてのご利用に限り30日間利息なし」で利用することができます。

急場をしのぐためにキャッシングを利用したい、という場合もあると思います。そういった時は利息を払わずにすむこういったサービスは非常に便利になってくるでしょう。「消費者金融」と聞くとブラックなイメージが付きまといますが、借りたお金さえしっかり返しておけば特に問題はありません。

むしろ緊急時の「第二の財布」として活用もできます。返済期限を守り、きちんと返していけるような付き合い方ができる人にとってはとても利便性の高いシステムだと思います。