収入の少ない人は、銀行カードローンがおすすめ

収入の少ない人は生活の中でお金が不足してしまうことが多いです。お金がないと生活していくことができないので、金融機関からキャッシングする事を考えます。お金を借りるために利用する金融機関として最初にあげられるのが消費者金融です。

この業者は人にお金を貸す事業をしているため、充実したキャッシングサービスを受けられるからです。ですが消費者金融は貸金業法という法律で定められている総量規制が適用されるので、基本的に申込者の年収の3分の1までしか融資を受けられません。そのため収入が少ない人が消費者金融で借入の申込をしても審査ではねられてしまう事も少なくありません。

銀行系のカードローンがおすすめ

ufj

そこで収入が少ない人は銀行のカードローンを利用してキャッシングするといいでしょう。銀行は銀行法によって規制されている金融機関なので、総量規制対象外だからです。そのため年収の3分の1以上の融資も可能で、収入が少なくても借入できます。銀行のカードローンは消費者金融に比べると低金利となっており、借入できる額も大きいのが特徴です。

銀行のカードローンを利用するためには借入の申込をして審査に通過する必要があります。申込をするためには年齢制限を満たしていること(通常は契約の時に満20歳以上満65歳以下)、継続かつ安定した収入があること、保証会社の保証が受けられることが必要です。

専業主婦も借り入れ可能

また専業主婦のような収入のない人は配偶者に継続かつ安定した収入があれば申込ができます。申込をした後、銀行から審査を受けることになりますが、収入、勤続年数、雇用形態などの職業関係が重点的に判断されます。しかし継続かつ安定的な収入があればいいので、アルバイトやパートでも条件を満たせば審査に通過することができます。審査に通過できれば、カードローンを利用して借入できるのですが、一定の条件を満たしていれば即日融資を受けられるので消費者金融でキャッシングする場合と変わりません。