知ってますか?!中古マンションを少しでも高く売るための「マイソク」

皆さんは「マイソク」という存在をご存知でしょか?

不動産取引に詳しい方はさておき、そうでない方にとっては聞きなれない言葉なのではないでしょうか?

マイソクとは仲介不動産会社の情報ソースになる資料の通称です。マイソクには物件の概要、間取り図、地図などの情報がまとめられており、いわゆる物件の「広告」的な役割を果たします。

よく、不動産会社の店先のガラスにペタペタと紙が貼り付けられているのを見たことはありませんか?あれです。

ちなみに、「マイソク」という名前の由来は、元々この資料を作成していた情報会社の社名にあります。

さて、新築のマンションが販売される時、テレビのCMや新聞の折り込み広告など、とても見栄えの良くキャッチーな宣伝がされているのをご覧になったことはありませんか?

そういったCMや広告を目にした際、具体的な購入の予定がなかったとしても、そこに住んだらどんな感じだろうなどと、なんとなく想像を膨らませたりしたことが一度くらいあるのではないでしょうか?

新築マンションの場合はそうして派手な広告、宣伝をすることで沢山のお客様を誘致し、販売個数を増やすことで利益に繋げることができます。

しかし、これが中古マンションとなると話は変わってきます。中古マンションを売却しようとした時、新築マンションの時のように派手な宣伝を打ってしまっては、いくらそのマンションが中古にしては高く売れたとしても、宣伝費用の分手元に入る金額は減ってしまい、一体何のための宣伝なのかわからなくなってしまいます。

そこで、中古マンションの売却の際に重要になってくるのが、「マイソク」なのです。

中古マンションの売却には欠かせないマイソク

先に説明した通り、「マイソク」は不動産物件の情報が詰め込まれた「広告」的役割を果たすもの。この「マイソク」のクオリティーが高ければ高いほど、売却しようとしている物件への多くのお客様の興味を引くことができると言えます。

しかし、残念ながらほとんどの不動産会社で作られる「マイソク」は、お客様の購買意欲を掻き立てるどころか、興味すら持ってもらえないクオリティの低いものが多いのが現実です。

同じ物件を販売しようとしても、写真や、構成、物件価値のアピール文句のセンス一つでお客様からの反応はガラリと変わります。例えば、アパレル業界ではスタイルがよく、見目麗しい人がモデルとして起用され商品を宣伝していますよね。

それと同様に不動産物件についても、より見栄えする魅力的な「マイソク」にすることが希望価格での物件売却につながるといえます。そこで、中古マンションの売却を考える際には、魅力的な「マイソク」を作ること、これはぜひ覚えておきたいポイントと言えます。

個人情報流出につながる!?マンション売却一括査定サイトの落とし穴?!

マンション売却を考える際、売主様が取る行動としては次の三つが挙げられます。

  • 近所や知り合いの不動産会社を直接訪問する
  • 特定の不動産会社に電話やメールで問い合わせる
  • WEB上で「マンション売却一括査定サイト」で問い合わせる

しかし、この3番目の方法を選択するのには注意が必要です。この一括査定サイトで問い合わせをする場合、自らの住所や氏名、電話番号といった個人情報を入力し、それを5〜20社ほどの不動産会社に情報を飛ばすことになります。

ということは、一度にそれだけたくさんの不動産会社からアポイントの連絡が来ることにつながるのです。

電話はなりっぱなし、それぞれの会社に同じ話をなんども繰り返す、といった羽目になりかねません。悪質な会社の場合、何の連絡もなく自宅に営業マンが押しかけて来ることもあります。

それにいちいち対応しなければいけないと考えると、それだけで疲れてしまうのではないでしょうか?

そのため、マンションをより効率よく、より高値で売却しよとするのであれば、まず信頼の置ける不動産会社の選定が重要になってきます。各会社のWEBサイトなどをよく読む、口コミを調べるなど、そのための手間を惜しまないことをお勧めいたします。

SNSでもご購読できます。