マンションを高く売るには見学が重要!内覧で気をつけたいポイント

マンションをいざ売ろうというときには、内覧(ないらん)と呼ばれるマンションの購入を考えている方が訪れる見学会が重要になってきます。

実際にあなたのマンションを買おうかと考えているお客様は、営業から図面やチラシを見せられて紹介を受けたマンションを良いと感じた場合に見学にやってきます。

その際に、どれだけあなたのマンションへの好感度をあげられるかということが重要になってきます。

居住用のマンションを売却するようなケースでは、内覧の際まだ売主様がマンションに住んでいることがおおいです。

そのため、内覧前にあなたのマンションに好感を抱いてもらえるよう必要な準備をしなければなりません。

内覧の準備する上で気にするべきポイント

必要のない物や荷物を減らして部屋を広く見せる

物があまりに多いと、どうしても生活感が出てしまうので、「自分が住んだらどうなるか」という想像をしづらくなってしまいます。

加えて、物が多ければ多いほどそのぶん部屋もせまい印象になってしまいます。なので、必要のない物を減らして部屋を広く見せることは非常に重要です。

水回りを中心に、部屋の掃除を徹底的に行う。

中古マンションと新築マンションでは、水回りの見栄えがだいぶ違います。

もちろん、中古マンション購入後に水回りをリフォームされる買主様も数多くいますが、それを鑑みても第一印象ほど重要なものはありません。

部屋の掃除をされる際には、水回りは特に隅々まで掃除されるのがいいと思います。

部屋全体の電気をLEDに変更し、内覧の日は電気はすべてつけっ放しにしておく

古い店、スーパーなど、照明が暗い場合、陳列されている商品すらも古い印象になってしまいます。

一方、コンビ二や今流行っている店は照明が明るいという傾向があり、そういう店にいるとただ買い物をしているだけでも気分が上がります。

というわけで、部屋の電気は新しいものに付け替えて一新するのが吉です。特にLEDをつかうことで、部屋の印象はとても良くなります。

内覧に来てくれた方のためにスリッパを準備しておく。

内覧にいらっしゃる買主様の中にはスリッパをはくひともいればはかない人もいらっしゃいます。

スリッパをはかないという方がいらっしゃった場合には問題ないのですが、普段スリッパをはく方が内覧にいらっしゃったときにスリッパがないと気になってお部屋に集中できないということもありえます。

マンションを高く売るには見学が重要、特に気をつけたいポイント

つづけて、内覧の際に気をつけたいポイントについて紹介していきます。

買主様がいらっしゃる前に空気の入れ替えをあらかじめしておく

空気がよどんでいると、やはり部屋から受ける印象も悪くなってしまいます。
また、家にはその家独特の臭いというものがあると思いますが、住んでいるひとは気にならなかったとしても、外から来た人からすれば気になる臭いと捉えられてしまうかもしれません。

特に、ペットを飼っている場合は臭いの印象が強くなるので、買主様がいらっしゃる前には空気の入れ替えが必要になります。

パネルにマンションの説明を書いておく

売主様からすれば、マンションのことなんて見れば大体分かるだろうと思われるかもしれませんが、内覧にきた買主様からするとさらっと内装を見た程度では部屋のことが良く分からないかもしれません。

なので、ホワイトボードなど文字を書いて置いておけるものを用意して、お部屋のアピールしたい点を書いておきましょう。

  • 南向きのため日当たり超良好!
  • 眺めがきれいで気分最高
  • 床下暖房もついています
  • アイランド型のキッチンで使い勝手○

このように書いておけば、買主様との話のネタにも困らないかと思います。

内覧を通して買主様と良い関係を築く

残念なことに、マンションの売主様と買主様の関係がこじれてしまうことは往々にしてあります。

というのも、買主様からのマンションについての様々な質問を、売主様が「攻撃」ととらえてしまうことがあるからです。

  • そこまで突っ込んで質問する必要あるの
  • あまりにも質問が細かすぎる…

こんなふうに思ってしまうことも当然あるとは思いますが、やはり買主様にとっては大きな買い物なのでナーバスになっている部分はあるとおもいます。

自分がこぶしを握って対応していると、相手も同じようにこぶしを握ってしまうことになります。

しかも、買主様が売主様から悪い印象を受けると、マンションがどんなにいいものであっても、契約締結には至りません。

一方、売主様、買主様がお互いに「売って頂く」「買って頂く」というような気持ちで接すると、話がどんどん進んで言ったりする場合が多くあります。

買主様は売主様にとって敵対すべき相手ではないので、質問に対しては細かなものであっても心を落ち着けて親身に答えるのがいいと思います。

SNSでもご購読できます。