銀行のカードローンは総量規制の対象外で金利が安い

カードローンのサービスを提供しているのは主に銀行と大手の消費者金融があります。

インターネットを検索すればカードローンについてみれば、カードローンは銀行のカードローンの方が有利であるような論調が多くみられます。なぜ銀行のカードローンの方が有利であるかという理由を見てみれば主に二つの理由が上げられています。

銀行のカードローンは総量規制の対象外

一つ目は銀行のカードローンは総量規制の対象外であるということです。総量規制は2010年の貸金業法の改正のよって貸金業者にのみ融資の制限を設けるという制度ですが、貸金業者である大手の消費者金融も貸金業法によって総量規制を守らなければならなくなりました。

一方の銀行は貸金業法の適用を受けず、銀行法の適用を受けるためにそもそも総量規制が関係ないということで貸金業者が総量規制で融資することができない顧客も融資することが可能であるので、カードローンでも総量規制の対象外である銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも有利ということです。

総量規制の図

総量規制の図

銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも金利が安い

二つ目には銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも金利が安いとういことです。お金を借りるにあたっては金利が低いということは借りる方にとっては大きなメリットになることは疑いありません。なので、銀行のカードローンの方が消費者金融のカードローンよりも有利ということです。

以上の大きな二つの理由によってカードローンを選ぶのは消費者金融よりも銀行と言う結論になります。しかし、それならなぜ消費者金融のカードローンは存在しているのでしょうか。それは消費者金融のカードローンが存在価値があるということです。

消費者金融のカードローンよりも厳しい審査

一見して有利であると考えられる銀行のカードローンもそれは消費者金融のカードローンよりも厳しい審査を通らなければ使うことはできません。銀行のカードローンの有利さは借りれる人だけの有利さです。

総量規制はどうしようもありませんが、それ以外では消費者金融のカードローンは銀行のカードローンよりも借りやすいという大きなメリットがあるのです。